情報公開

病理検体の医学研究への利用に関するお願い

病理医は患者さんから採取された生検検体、手術検体、臓器を用いて腫瘍性・非腫瘍性疾患の病理組織診断を行っています。腫瘍性疾患の場合は、良性なのか悪性なのか、悪性(がん)の場合はその悪性度や病変の拡がり、術前治療の効果判定などを診断しています。そのために生検検体、手術検体、病理解剖で採取された臓器をホルマリンで固定した後にパラフィンと呼ばれる「ろう」に封じ込めます。この組織をホルマリン固定パラフィン包埋組織とよび、この組織を薄く切ることにより、病理組織標本が作成されます。

これら病理診断のために採取、保管されている病理検体を、診断に用いるだけではなく、医学の発展のため、医学研究に使用させていただいております。詳しくは、研究テーマの内容をご覧ください。

この病理検体の利用は、すでに診断され切除された病理検体と過去の診療録を対象にしており、患者さんに通常診療以外のいかなる肉体的、金銭的なご負担も生じることはありません。また、個人情報の漏洩を防ぐために、個人を特定できる情報は削除してデータを数値化する、などの厳格な対策を取っています。研究の実施過程およびその結果の公表(学会発表や論文など)の際に、患者さんを特定できる情報は一切含まれません。

病理検体の利用につきまして、心よりご理解とご協力をお願い申し上げます。

病理検体の利用に同意いただけない場合

医学研究に病理検体、診療データを提供したくない方は下記の問い合わせ・連絡先にご連絡ください。お申し出をいただいた時点で、研究に用いないように手続きして、研究に用いられることはありません。この場合も、その後の診療など病院サービスにおいて患者さんに不利益が生じることはありません。

ただし、ご連絡をいただいた時点ですでに、個人が特定できない形で研究結果が論文などに公表されている場合は、解析結果から患者さんに関する情報を取り除くことができないので、その点はご了承ください。

問い合わせ・連絡先

〒060-8556

札幌市中央区南1条西17丁目

札幌医科大学医学部病理学第二講座

小山内誠・高澤啓・小野祐輔

Phone: 011-611-2111 (内線 27010) 

FAX:  011-613-5665

E-mail: pathology_2@sapmed.ac.jp

承認された研究課題

承認番号:302-197

承認日:平成31年2月14日

課題名:子宮頸部腺がんのバイオマーカーに関する免疫組織学的検討

(研究内容説明書)

承認された研究課題

承認番号:312-24

承認日:令和元年5月16日

課題名:子宮平滑筋肉腫および子宮平滑筋腫の鑑別診断マーカーに関する免疫組織化学的検討

(研究内容説明書)

  • White Instagram Icon

Phone: 011-611-2111

E-mail: pathology_2@sapmed.ac.jp

〒060-0061

​北海道札幌市中央区南1条西17丁目基礎医学研究棟11階​​​