検索
  • 2pathology

齋藤先生の論文がCancer Science (volume 111, issue 8, August 2020)の表紙を飾りました


Cancer Scienceに掲載された、当研究室の研究論文(齋藤先生筆頭著者)がCancer Science (volume 111, issue 8, August 2020)の表紙を飾りました。

本研究は、嫌気性代謝酵素であるALDOA(aldolase A)が子宮頸部腺がんで高発現しており、その高発現が、上皮間葉転換(EMT)や細胞増殖を誘導しがん悪性化に関与していることを明らかにしています。

表紙を飾った画像は、子宮頸部腺がん細胞株にALDOA(Aldolase A)を高発現させると、EMTが誘導され、その結果、微絨毛形成が減少することを示した、走査型電子顕微鏡(SEM)の像です。

齋藤先生、おめでとうございます!


Cancer Scienceのリンクは以下


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

論文掲載のお知らせ

当研究室の研究論文が、Cancer Science に掲載されました(online a head of print)。 本研究論文は、筆頭著者の齋藤先生が、学生時代にMD-PhDコースの学生として当教室に所属し、行った研究をまとめたものです。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/cas.14524 本研究論文を含め、当教室にMD-PhDコ

真柄先生が「令和元年度標本交見会 最優秀賞」を受賞しました

当教室の医局員である真柄和史先生が、令和元年度の日本病理学会北海道支部学術集会(標本交見会) の最優秀賞を受賞されました。 真柄先生、おめでとうございます!! また、大変お忙しい中、ご指導をいただきましたNTT東日本 札幌病院病理部門 高桑康成先生、佐藤昌明先生にこの場をお借りして、深く感謝申し上げます。

  • White Instagram Icon

Phone: 011-611-2111

E-mail: pathology_2@sapmed.ac.jp

〒060-0061

​北海道札幌市中央区南1条西17丁目基礎医学研究棟11階​​​