top of page
検索
  • 2pathology

論文掲載のお知らせ

当研究室の研究論文が、Cancer Science に掲載されました(online a head of print)。

本研究論文は、筆頭著者の齋藤先生が、学生時代にMD-PhDコースの学生として当教室に所属し、行った研究をまとめたものです。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/cas.14524

本研究論文を含め、当教室にMD-PhDコースで所属した学生が筆頭著者または共同筆頭著者として報告した論文は以下の通りです。下線を引いた著者はMD-PhDコースで所属した学生です。

Saito Y(筆頭著者), Takasawa A, Takasawa K, Aoyama T, Akimoto T, Ota M, Magara K, Murata M, Hirohashi Y, Hasegawa T, Sawada N, Saito T, Osanai M. Aldolase A promotes epithelial‐mesenchymal transition to increase malignant potentials of cervical adenocarcinoma. Cancer Sci. online a head of print. https://doi.org/10.1111/cas.14524

Magara K(筆頭著者), Takasawa A, Osanai M, Ota M, Tagami Y, Ono Y, Takasawa K, Murata M, Hirohashi Y, Miyajima M, Yamada G, Hasegawa T, Sawada N. Elevated expression of JAM-A promotes neoplastic properties of lung adenocarcinoma. Cancer Sci. 108(11):2306-2314, 2017.

Ueda A(筆頭著者), Takasawa A, Akimoto T, Takasawa K, Aoyama T, Ino Y, Nojima M, Ono Y, Murata M, Osanai M, Hasegawa T, Saito T, Sawada N. Prognostic significance of the co-expression of EGFR and HER2 in adenocarcinoma of the uterine cervix. PLOS ONE. 12(8): e0184123, 2017.

Ono Y(筆頭著者), Hiratsuka Y(共同筆頭著者), Murata M, Takasawa A, Fukuda R, Nojima M, Tanaka S, Osanai M, Hirata K, Sawada N. Claudins-4 and -7 might be valuable markers to distinguish hepatocellular carcinoma from cholangiocarcinoma. Virchows Arch. 469(4):417-426, 2016.

Kojima Y(筆頭著者), Takasawa A, Murata M, Akagashi K, Inoue T, Hara M, Tokunaga Y, Minase T, Hasegawa T, Sawada N. A case of urothelial carcinoma, lipid cell variant. Pathol Int. 63(3): 183-187, 2013.

Fujita H, Sugimoto K(共同筆頭著者), Inatomi S, Maeda T, Osanai M, Uchiyama Y, Yamamoto Y, Wada T, Kojima T, Yokozaki H, Yamashita T, Kato S, Sawada N, Chiba H. Tight Junction Proteins Claudin-2 and -12 Are Critical for Vitamin D-dependent Ca2+ Absorption between Enterocytes. Mol Biol Cell. 19(5):1912-21, 2008

閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当研究室にMD・PhDプログラムの学生として所属する多田聡法さんの症例報告が、Cureus誌に掲載されました。 論文名「Drastic Multiorgan Dysfunction Due to Severe Leukostasis: A Case Report」 筆頭著者:多田聡法(医学部6年生) 〈多田君のコメント〉 今回、急性骨髄性白血病(AML)の剖検症例について報告しました。コロナ禍で大

髙澤准教授が、第54回 日本臨床分子形態学会総会(長崎、2022年11月4日―5日)において、最優秀演題賞を受賞しました。 受賞日:2022年11月5日 受賞者:髙澤 啓 受賞演題:細胞接着と微絨毛形成におけるタイト結合蛋白質claudin-1 の役割 札幌医科大学ホームページ 写真ニュース

当学分子生物学講座の吉戸文乃先生、鈴木拓先生らとの共同研究の成果が、Journal of Gastroenterology and Hepatologyに掲載されました。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jgh.16055

bottom of page