top of page
検索
  • 2pathology

論文掲載のお知らせ

当研究室にMD-PhDの学生として所属する村上君の研究論文が、Cancer Scienceに掲載されました(Online a head of print)。

本研究論文は、子宮頸部腺がんで異常発現するタイト結合蛋白質JAM-Aが、新しい免疫チェックポイントとして注目されているTIGIT-PVRのうち、PVRの発現を調節していること、JAM-AがPVRと相互作用すること、両者が高発現すると予後不良となること、などを明らかにしました。

村上君、おめでとうございます!!

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【再公募】教員の公募

当講座教員の再公募を開始しました(助教相当1名) 詳細は,以下のJREC-IN Portalサイトをご覧ください https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D124011803

Commentaires


bottom of page