検索
  • 2pathology

論文掲載のお知らせ

当研究室にMD・PhDプログラムの学生として所属する伊藤祐衣さんの研究論文が、Cancer Science誌(IF 6.716)に掲載されました(Online ahead of print)。 

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/cas.15284






本研究論文では、子宮頸部腺がんでタイト結合関連タンパク質の一つclaudin-6が、異所性に高発現している症例があり、その高発現が予後不良に関連することを免疫組織化学的な検討で示しました。次に、頸部腺がん細胞株でclaudin-6安定高発現株を作製・解析し、claudin-6の高発現により、細胞増殖・遊走・浸潤などが促進すること、タイト結合能を含めた細胞接着能が亢進することを証明しました。更に、比較プロテオーム解析により、claudin-6高発現株では、抗がん剤感受性に関与しているaldo-keto reductase familyの発現が増加しており、抗がん剤への耐性獲得の要因となりうることなどを明らかにしました。


Claudin-6は、固形癌に対するCAR-T療法の有望な標的であることが最近報告されており、本研究の知見が、将来的な子宮頸部腺がん治療への一助になることが期待されます。

伊藤さん、おめでとうございます!!



本研究論文を含め、MD・PhDプログラムに在籍し、学部学生の間に、筆頭著者として報告された論文は以下の通りです。MD・PhDプログラムの学生(当時)を下線で示してあります。


Ito Y(筆頭著者), Takasawa A, Takasawa K, Murakami T, Akimoto T, Kyuno D, Kawata Y, Shano K, Kirisawa K, Ota M, Aoyama T, Murata M, Sugimoto K, Chiba H, Saito T, Osanai M.

Aberrant expression of claudin-6 contributes to malignant potentials and drug resistance of cervical adenocarcinoma.

Cancer Science. 2022 Jan 31. doi: 10.1111/cas.15284. Online ahead of print.


Murakami T(筆頭著者), Takasawa A, Moriki A, Igaki Y, Ikeda H, Murase K, Takada K, Magara K, Aoyama T, Ono Y, Kyuno D, Takasawa K, Murata M, Osanai M.

A systemic apolipoprotein A-IV-associated amyloidosis confirmed by proteome analysis.

Virchows Archiv. 2021 Mar 10. doi: 10.1007/s00428-021-03073-x.


Murakami T(筆頭著者), Takasawa A, Takasawa K, Akimoto T, Aoyama T, Magara K, Saito Y, Ota M, Kyuno D, Yamamoto S, Hasegawa T, Saito T, Osanai M.

Aberrant expression of junctional adhesion molecule-A contributes to the malignancy of cervical adenocarcinoma by interaction with poliovirus receptor/CD155.

Cancer Science. 2020 Dec 5;112(2):906-917. doi: 10.1111/cas.14734.


Ueda A(筆頭著者), Takasawa A, Akimoto T, Takasawa K, Aoyama T, Ino Y, Nojima M, Ono Y, Murata M, Osanai M, Hasegawa T, Saito T, Sawada N. Prognostic significance of the co-expression of EGFR and HER2 in adenocarcinoma of the uterine cervix. PLOS ONE. 12(8): e0184123, 2017. doi: 10.1371/journal.pone.0184123.


Ono Y(筆頭著者), Hiratsuka Y(共同筆頭著者), Murata M, Takasawa A, Fukuda R, Nojima M, Tanaka S, Osanai M, Hirata K, Sawada N. Claudins-4 and -7 might be valuable markers to distinguish hepatocellular carcinoma from cholangiocarcinoma. Virchows Arch. 469(4):417-426, 2016. doi: 10.1007/s00428-016-1984-z.


Kojima Y(筆頭著者), Takasawa A, Murata M, Akagashi K, Inoue T, Hara M, Tokunaga Y, Minase T, Hasegawa T, Sawada N. A case of urothelial carcinoma, lipid cell variant. Pathol Int. 63(3): 183-187, 2013.

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

北海道大学医学部医学科 消化器外科学教室Iの加藤紘一先生らとの共同研究の成果が、Annals of Surgical Oncologyに掲載されました。 https://link.springer.com/article/10.1245/s10434-022-11862-0

北海道大学病院病理診断科の中智昭先生(現 国立がん研究センター中央病院)らとの共同研究がDiagnostics (Basel)に掲載されました。 https://www.mdpi.com/2075-4418/12/2/316