top of page
検索
  • 2pathology

第107回日本病理学会総会が札幌で開催されました

小山内先生はシンポジウムの座長を、高澤先生はシンポジウムの発表と座長を務められました。研究生の青山先生は一般口演で発表しました。MD-PhDコースの斎藤君は一般口演でこれまで行ってきた研究を発表しました。


斎藤君は昨年の学生ポスター発表で最優秀ポスター賞を受賞し、そこからさらに研究を進め、とても立派に発表しました。同じくMD-PhDコースの村上君は学生ポスター発表を行いました。




また、一昨年まで当教室のMD-PhDコースに在籍していた研修医2年目の真柄先生が学生時代に研究しCancer Scienceに筆頭著者として論文発表した内容を一般口演で発表しました。真柄先生は大変忙しい研修医の合間に準備を進め、非常に落ち着いた素晴らしい発表をしていました。


皆さん、お疲れさまでした!!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当研究室にMD・PhDプログラムの学生として所属する多田聡法さんの症例報告が、Cureus誌に掲載されました。 論文名「Drastic Multiorgan Dysfunction Due to Severe Leukostasis: A Case Report」 筆頭著者:多田聡法(医学部6年生) 〈多田君のコメント〉 今回、急性骨髄性白血病(AML)の剖検症例について報告しました。コロナ禍で大

髙澤准教授が、第54回 日本臨床分子形態学会総会(長崎、2022年11月4日―5日)において、最優秀演題賞を受賞しました。 受賞日:2022年11月5日 受賞者:髙澤 啓 受賞演題:細胞接着と微絨毛形成におけるタイト結合蛋白質claudin-1 の役割 札幌医科大学ホームページ 写真ニュース

当学分子生物学講座の吉戸文乃先生、鈴木拓先生らとの共同研究の成果が、Journal of Gastroenterology and Hepatologyに掲載されました。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jgh.16055

bottom of page