検索
  • 2pathology

第107回日本病理学会総会が札幌で開催されました

小山内先生はシンポジウムの座長を、高澤先生はシンポジウムの発表と座長を務められました。研究生の青山先生は一般口演で発表しました。MD-PhDコースの斎藤君は一般口演でこれまで行ってきた研究を発表しました。


斎藤君は昨年の学生ポスター発表で最優秀ポスター賞を受賞し、そこからさらに研究を進め、とても立派に発表しました。同じくMD-PhDコースの村上君は学生ポスター発表を行いました。




また、一昨年まで当教室のMD-PhDコースに在籍していた研修医2年目の真柄先生が学生時代に研究しCancer Scienceに筆頭著者として論文発表した内容を一般口演で発表しました。真柄先生は大変忙しい研修医の合間に準備を進め、非常に落ち着いた素晴らしい発表をしていました。


皆さん、お疲れさまでした!!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

北海道大学医学部医学科 消化器外科学教室Iの加藤紘一先生らとの共同研究の成果が、Annals of Surgical Oncologyに掲載されました。 https://link.springer.com/article/10.1245/s10434-022-11862-0

北海道大学病院病理診断科の中智昭先生(現 国立がん研究センター中央病院)らとの共同研究がDiagnostics (Basel)に掲載されました。 https://www.mdpi.com/2075-4418/12/2/316