top of page
検索
  • 2pathology

札幌医科大学病理学教室同門会・同門会誌第13号を発行しました

令和2年(2020年)2月,病理学第一講座所属の久保先生のご尽力で,札幌医科大学病理学教室同門会・同門会誌第13号を発行しました.文章を寄稿していただいた会員の皆さまに感謝申し上げます.2017年12月の同門会運営委員会での決定を受け,印刷は100部のみとし,寄稿していただいた会員にのみ,紙媒体を郵送しました.本同門会誌の電子データ(PDFファイル)の閲覧を希望する先生は,同門会事務局までご連絡ください.


閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当研究室にMD・PhDプログラムの学生として所属する多田聡法さんの症例報告が、Cureus誌に掲載されました。 論文名「Drastic Multiorgan Dysfunction Due to Severe Leukostasis: A Case Report」 筆頭著者:多田聡法(医学部6年生) 〈多田君のコメント〉 今回、急性骨髄性白血病(AML)の剖検症例について報告しました。コロナ禍で大

髙澤准教授が、第54回 日本臨床分子形態学会総会(長崎、2022年11月4日―5日)において、最優秀演題賞を受賞しました。 受賞日:2022年11月5日 受賞者:髙澤 啓 受賞演題:細胞接着と微絨毛形成におけるタイト結合蛋白質claudin-1 の役割 札幌医科大学ホームページ 写真ニュース

当学分子生物学講座の吉戸文乃先生、鈴木拓先生らとの共同研究の成果が、Journal of Gastroenterology and Hepatologyに掲載されました。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jgh.16055

bottom of page