検索
  • 2pathology

当教室の青山先生、産婦人科教室から研究に来ていた伊野先生が学位を取得しました

青山先生は病理部での勤務の傍ら、時間を作って地道に着実に研究を進めました。当教室の研究テーマの一つである、FFPE組織を用いたプロテオーム解析を立ち上げから携わり、確立してくれました。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

論文掲載のお知らせ

当研究室にMD-PhDの学生として所属する村上君の研究論文が、Cancer Scienceに掲載されました(Online a head of print)。 本研究論文は、子宮頸部腺がんで異常発現するタイト結合蛋白質JAM-Aが、新しい免疫チェックポイントとして注目されているTIGIT-PVRのうち、PVRの発現を調節していること、JAM-AがPVRと相互作用すること、両者が高発現すると予後不良と

  • White Instagram Icon

Phone: 011-611-2111

E-mail: pathology_2@sapmed.ac.jp

〒060-0061

​北海道札幌市中央区南1条西17丁目基礎医学研究棟11階​​​